むずむず脚症候群のサプリとは?

むずむず脚症候群 サプリ

 

むずむず脚症候群サプリランキング2016年最新版をご紹介します。

 

医学的にはレストレスレッグス症候群、いわゆるむずむず脚症候群は実は鉄分のサプリメントがすこく効果があるといわれています。
ビ・シフロールなどのプラミペキソール製剤やニュープロパッチなどのロチゴチン製剤、あるいはレボドパ、L-DOPAなどのドパミン製剤など、むずむず脚症候群には医薬品もいろいろありますが、実は副作用がけっこうあって長く続けられないという人も多いんです・・・・。

 

むずむず脚症候群の原因は、まだ詳しくはよく分かっていないのですが、一般的には脳内のドパミンという神経伝達物質の減少が原因と考えられています。
ドパミンが減少することで、脳内の神経伝達に異常が発生し、脚がむずむずしたり、かゆくてたまらなくなったりなど、むずむず脚症候群の症状が発生するといわれています。
そのため、脳内のドパミン受容体に作動するプラミペキソールやロチゴチンといった薬や、ドパミンそのものを補給してあげるレポドパやL-DOPAなどの薬が、むずむず脚症候群の治療薬として使用されています。
しかし、こういったドパミン製剤やドパミン受容体作動薬は効果が長くは続かず、むしろ、むずむず脚症候群の症状が悪化したり、副作用が出てしまうことも知られています。

 

むずむず脚症候群サプリは鉄分サプリがおすすめ

むずむず脚症候群 サプリ

一方で、むずむず脚症候群の原因の一つとして鉄分の欠乏もあるといわれています。

鉄分が欠乏すると、脳内でのドパミンの分泌が減少してしまい、むずむず脚症候群が発症するともいわれています。
そのため、むずむず脚症候群を予防するためには、鉄分をしっかりと摂ることが大事と言われています。
しかし、日本人の場合、とくに女性のほとんどは鉄分が不足しているといわれています。
さらに鉄分というのは普通の食事からだとなかなか摂ることが出来ません。
食事からの鉄分だとなかなか量がとれませんし、体内への吸収率もあまりよくないといわれています。

 

そこで、おすすめなのが鉄分サプリです。
鉄分サプリでは、食事では十分に量がとれない鉄分を簡単に確実にとることができます。
さらに人間の体内に吸収されやすいヘム鉄の形のサプリをとることによって、胃腸をあらすこともなく、確実に鉄分を補給することが出来るんです。
むずむず脚症候群の症状に悩まされている人は、病院に行く前に、とりあえず鉄分サプリで鉄分を補給してみることをおすすめします。
鉄分サプリを飲むことで、むずむず脚症候群が劇的に改善したという人は結構いるんです。

 

ここでは、むずむず脚症候群に効果が期待できるサプリについて、含まれている鉄分の量や鉄分の質の観点から、おすすめの鉄分サプリをランキング形式でご紹介します。
むずむず脚症候群にお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

 

むずむず脚症候群サプリランキング2016

 

むずむず脚症候群 サプリ

美めぐり習慣の特徴

鉄分の配合量が他社と比較して圧倒的です。

1日分5粒で鉄分10mgをしっかりと摂ることが出来ます。
さらに美めぐり習慣に配合されている鉄分は、体内への吸収率が高いヘム鉄100%です。
配合量が多い上に吸収率も高いので、むずむず脚症候群の原因となっている不足した鉄分をきちんと補ってあげることが出来ます。

 

さらに鉄分の吸収率をあげるビタミンCや、赤血球の形成に必須な葉酸・ビタミンB12、ヘモグロビンの合成を補助するビタミンB6も入っています。
栄養機能表示も取得しており、むずむず脚症候群の改善を総合的にサポートしてくれる鉄分サプリといえます。
その他、オーガニック生姜も配合されているため、からだの巡りを改善して、むずむず脚症候群にさらに効果が期待できます。
鉄分サプリは鉄臭い臭いが嫌という人も多いですが、美めぐり習慣は鉄臭い臭いも気にならないようにハーブミックスを独自配合されています。

価格 1480円
評価 評価5
備考 2回目以降は2,980円
美めぐり習慣の総評

美めぐり習慣は15日間の安心返金保証がついています。

飲んでみて自分に合わなかったり、むずむず脚症候群への効果があまり実感できなかったときは開封後、飲み終わった後でも返金してもらえます。
これだけのスペックと条件がそろっていて、コストパフォーマンスが一番よい鉄分サプリといえます。
また、美めぐり習慣は先着300名でお得な定期購入が出来ますが、いつでも解約することが出来ます。
初月1480円で試してみて、すぐに解約するというのもOKのです。

 

 


むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群 サプリ

 

そもそも、むずむず脚症候群とはどういう病気なのでしょうか?
あまり知られている病気ではないのですが、日本ではかなりの人がむずむず脚症候群で悩んでいるといわれています。
日本では人口の5%ほど、つまり20人に1人ぐらいの割合で、むずむず脚症候群の人がいるのではないかといわれています。
かなりの人数ですよね。

 

むずむず脚症候群という病気はあまり知られていないため、その症状に悩んでいても、自分がむずむず脚症候群だと気づいていない人が大半だと思われます。
このむずむず脚症候群のように、患者さん自身が気づいていない病気というのは結構あるのですが、マスコミが報道し始めて一般の人に浸透するという流れが多いです。

 

例えば、逆流性食道炎、メタボリックシンドローム、COPD、ロコモティブシンドローム、睡眠時無呼吸症候群など、潜在的な患者さんは多いけど、マスコミで報道されるまでほとんど知られていなかった病気です。
むずむず脚症候群についても、現在はまだ誰もが知っている病気という感じででもないですが、今後、TVなどで取り上げられる機会も増えていき、もしかしたら自分もむずむず脚症候群かも・・・と気づき始める人も増えていくと思われます。

 

むずむず脚症候群の症状をチェック!

むずむず脚症候群 サプリ

 

自分でむずむず脚症候群だと気づいていない人はかなりの数がいると思いますが、以下のような症状で悩んでいる場合、むずむず脚症候群である可能性は高いです。

 

  • ・脚がむずむずする
  • ・じっとしていられない
  • ・かゆい
  • ・脚の中に虫がはっている感じ

 

このような脚の異常感、不快感の症状があり、じっとしていられず動きたくなるような症状が出てきます。
この異常な感覚、不快感というのは、実際にむずむず脚症候群の人でないとわからないかと思います・・・・。
なかなか言葉では表現できないのですが、脚のむずむずとした異常感、不快感は非常につらいもので、日常生活に間違いなく支障が出ます。
「むずむず脚症候群」と病名だけ聞くと、脚がむずむずするだけの軽い病気に思われがちなのですが、実際の患者さんにとっては本当につらく苦しい病気です。
とくに夕方から夜間、就寝するときに症状が出る人が多く、入眠障害、熟眠障害などの睡眠障害となり、精神的にも強いストレスとなります。
むずむず脚症候群を放置していると、うつ病などに進行してしまい、最悪の場合、自殺にも至りかねません。

 

むずむず脚症候群というちょっと軽い?感じの名前にも聞こえますが、実際にはその人の人生、最終的には命にもかかわる重い病気といえます。
不眠症やうつで悩んでいる人が実はむずむず脚症候群だったという場合もあるので、今一度自分がむずむず脚症候群に該当しないかチェックしてみることも重要です。

 

むずむず脚症候群の診断基準

むずむず脚症候群 サプリ

 

むずむず脚症候群は患者さんの自覚症状によるところが大きいので診断が難しいです。
また、医師の間でもあまり知られていない病気のため、診断があまりつかず、いろいろな病院を何度もいってドクターショッピングの状態になっている人も多いです。

 

なかなか診断が難しいむずむず脚症候群ですが、国際レストレスレッグス症候群研究グループが診断基準を発表しているので参考にしてみてください。
こちらの診断基準は実際の医療機関でも用いられているものです。

 


1) 脚を動かしたいという強い欲求が不快な下肢の異常感覚に伴って、あるいは異常感覚が原因となって起こる

 

2)その異常感覚が、安静にして、静かに横になったり座ったりしている状態で始まる、あるいは増悪する

 

3)その異常感覚は運動によって改善する

 

4)その異常感覚が、日中より夕方・夜間に増強する

 

5)レストレスレッグス症候群の家族歴がある(遺伝的要因があるか)

 

6)ドパミン作動薬による効果がある(むずむず脚症候群の治療薬として有効なドパミン作動薬の投薬によって不快感の軽減がみられるか)

 

7)睡眠時または覚醒時に、周期性四肢連動がある(睡眠時や覚醒時、勝手に脚がピクピクと周期的に動く状態がみられるか。レストレスレッグ症候群の多くがこの周期性四肢連動を併発するため)。

 

以上のように、むずむず脚症候群の症状、診断基準に少しでもあてはまったら、自分がむずむず脚症候群である可能性を疑ってみてください。

 

長年、むずむず脚症候群と気づかずに悩んでしまっている人も、実はかなりの数の方がいらっしゃると思います。
むずむず脚症候群だった場合、鉄分サプリによって鉄分を適切に補給すれば、悩んでいた症状が劇的に改善するかもしれません。

 


むずむず脚症候群の治療薬とは?

むずむず脚症候群 サプリ

 

むずむず脚症候群にはいくつかの治療薬が日本で承認されています。
日本でむずむず脚症候群の治療薬として承認されており、病院で処方される薬は以下の3種類となります。

 

  • ドパミン受容体作動薬
  • ドパミン製剤
  • 抗てんかん薬

 

これらはむずむず脚症候群の治療薬として承認されているものなので、もちろん健康保険を適用して利用することが出来ます。
ただし、当然のことながら薬であるため、医療機関への受診と医師からの処方箋が必要となってきます。

 

また、むずむず脚症候群の治療薬として使われる上記の薬剤は、いずれも比較的副作用が多いといわれています。
副作用が多く、またこれらの薬による症状のコントロールは結構難しいといわれています。
症状が悪化したり、薬が効かなくなったりすることが結構あります。
さらにそれぞれの薬特有の副作用にも注意が必要です。
これらのむずむず脚症候群の治療薬を使用する場合は、当然ですが、医師からの指導をよく聞いて服用するようにしましょう。

 

ドパミン受容体作動薬

むずむず脚症候群 サプリ

 

現在の日本では、むずむず脚症候群の治療薬として第一選択薬はドパミン受容体作動薬となります。
ドパミン受容体作動薬の代表はビ・シフロールなどのプラミペキソール製剤になります。
プラミペキソールは脳内のドパミン受容体に作用することで、ドパミンの作用を増強します。
むずむず脚症候群では脳内のドパミンが減少し、脳内の神経伝達が上手くいっていないため、プラミペキソールでドパミン受容体を刺激し、ドパミンの神経伝達を補強します。

 

最近、ニュープロパッチという新しい薬も出てきています。
こちらはロチゴチンという成分なのですが、プラミペキソールと同様、ドパミン受容体作動薬の一種となります。
このニュープロパッチは湿布のように皮膚に貼り付けるタイプの薬であり、薬の成分が徐々に体内に取り込まれることで、安定した作用があるといわれています。
ドパミン系に作用する薬は作用の波がどうしても出てしまうため、効果のコントロールが難しいといわれています。
このニュープロパッチであれば作用の波が出にくく、効果が安定して発揮されるといわれています。

 

もともとプラミペキソールなどのドパミン受容体作動薬はパーキンソン病の薬として開発されたものです。
ドパミン系の神経伝達に作用するため、過剰に服用したり、過剰に効果が出てしまうと、パーキンソン病のような症状が出てしまうこともしられています。
脳内に作用する薬のため、ドパミン受容体作動薬はなかなか使用が難しい薬といえます

 

ドパミン製剤

むずむず脚症候群 サプリ

むずむず脚症候群の治療薬としてはドパミン製剤もあります。
ドパミン製剤というのはドパミンそのものを脳内に補充するという治療薬です。

 

むずむず脚症候群の治療に使われるドパミン製剤としては、レポドパやL-DOPAなどがあります。
プラミペキソールなどのドパミン受容体作動薬は、ドパミン受容体にドパミンの代わりに作用するという薬ですが、ドパミン製剤はドパミンそのものを脳内に補給してあげるという発想のお薬となります。
現在では、レポドパやL-DOPAなどのドパミン製剤はむずむず脚症候群の治療薬としてはあまり使われていません。
というのは、ドパミン製剤は副作用が多いんです。

 

ドパミン製剤には症状促進と反跳現象という副作用が知られています。
レポドパやL-DOPAやコントロールがとても難しく、むずむず脚症候群の症状が逆に促進されてしまったり、反跳減少といって逆に悪化することがあります。
また、レポドパやL-DOPAなどのドパミン製剤は長期間使用しているうちに、徐々に効かなくなることが知られています。
これをウェアリングオフ現象といいます。
はじめはむずむず脚症候群に効果があっても、長く使っているうちに徐々に効果がなくなったり、逆に症状が悪化してしまうことがあります。

 

このようにドパミン製剤はコントロールが難しいため、現在ではむずむず脚症候群の治療薬としてはあまり使用されていません。

 

抗てんかん薬

むずむず脚症候群 サプリ

むずむず脚症候群の治療薬としては抗てんかん薬も用いられています。
これはプラミペキソールなどのドパミン受容体作動薬で十分に効果がみられないときに使用されることが多いです。
むずむず脚症候群に使用される代表的な抗てんかん薬としては、クロナゼパム(商品名リポトリール、ランドセン)や、ガパペンチン(商品名ガパペン、レグナイド)があります。
これらは神経系の活動を直接しずめることで、むずむず脚症候群の不快な症状をやわらげる効果があることが知られています。
ドパミン製剤やドパミン受容体作動薬とは異なり、症状促進や反跳現象、ウェアリングオフ現象が少ないといわれています。
ドパミン系の薬剤で十分に効果が出ないときは、抗てんかん薬を試してみる価値はあります。
いずれにしろ、これらの治療薬は対症療法ということに注意してください。

 

つまり、そもそもむずむず脚症候群の治療薬といっても、原因をもとから治す薬ではなく、むずむず脚症候群の不快な症状を和らげているだけです。
基本的には、むずむず脚症候群の症状をおさえるために一生飲み続ける必要があるものです。
しかし、ウェアリングオフ現象のように、長時間使用していると徐々に効果がなくなったり、逆にむずむず脚症候群の症状が悪化することもあることが知られています。
これらの薬はたしかに効果はあって強いのですが、根本的な解決にはならないんです。

 

一方、むずむず脚症候群の原因の一つは鉄分の不足といわれています。
上記のむずむず脚症候群サプリランキングでご紹介している鉄分サプリを飲んで鉄分を十分に補ってあげることで、むずむず脚症候群の不快な症状が劇的に改善したという例も多くあります。
むずむず脚症候群に悩んでいる方、自分がむずむず脚症候群ではないかと疑っている方はまずは上記ランキングに掲載されている鉄分サプリを試してみるとよいと思いますよ。